コラム

2019.11.21

ドローン飛行の申請について

  • ドローン
ドローン飛行の申請について

規制により、ドローンを飛ばすためには飛行申請が必要です。
本記事では、ドローンの規制やドローン飛行の申請条件、
実際にドローンを飛ばす際のルールを記載しています。
 


 

ドローン規制について


ドローンの普及に伴い、
安全面を考慮して「航空法」の一部を改正し、
ドローンの飛行を規制する法律が定められました。

そのことにより、国が指定した場所以外でドローンを飛ばすためには、
ドローン飛行の為に許可を取る必要があります。
 

ドローン飛行の申請条件


ドローン規制により、ドローンを飛ばすためには国土交通省へ申請する必要がありますが、
誰でも申請すればドローンを自由に飛ばせるわけではありません。

ドローン申請をするためには多くの条件がありますが、代表的なものをご紹介します。
 

飛行技量を持ち合わせている

こちらは、ドローン操縦のスキルのことです。
ただ飛ばすだけでなく、明確な飛行技量が必要です。

具体的には、離発着・ホバーリング・左右方向の移動・前後方向への移動・水平面での飛行・対面飛行・飛行の組合・八の字飛行です。
 

GPSを使わずに十分な飛行ができる

ドローン飛行の申請条件には、GPSを切った状態で飛行できる技量が必要です。
そのため、今までGPSを切ってドローンを飛ばしたことのない方は対象外です。

また、ビジョンポジショニングも、飛行補完機能となるので、使うことはできません。
 

10時間以上の操縦訓練

10時間以上の操縦訓練があるかどうかも、条件の1つです。
そのため、八の字飛行などを10時間以上訓練する必要があります。

ホバーリングだけをして10時間訓練したというのは意味がありませんので注意してください。
 

必要な知識を持っている

条件の1つとして、必要な知識を持っているというものがあります。
ドローンによる撮影には肖像権やプライバシーなど、航空法以外にも必要な知識が多くあります。

ドローンを飛ばす技術だけでは、人に迷惑をかけたり、
法を犯してしまうこともあり、十分な知識を持つことが重要です。
 

ドローンを飛ばす際のルール

  • 日中に飛ばす
  • 目で見えない範囲では飛ばさない
  • 人の多いところで飛ばさない
  • 人や物から30m以上距離を取る
  • 危険物を運ぶために使わない
  • 物の投下に使わない

ドローンは、飛行の申請だけでなく、実際に飛ばす際にも法律にかなったルールがあります。
実際に上記のルールを違反したことで、書類送検された事例もありますので、ルールは必ず守りましょう。

この記事をシェアする

おすすめコラム記事