コラム

2021.02.28

トタン屋根の葺き替えがDIYでは難しい理由と業者の選び方を解説

  • DIY
トタン屋根の葺き替えがDIYでは難しい理由と業者の選び方を解説

安くて軽く、加工しやすいトタンは日曜大工などでも使われる定番の建築資材です。小屋や倉庫、物置、カーポート、ベランダの屋根に使われているほか、昔の住宅の屋根に使われていることもあります。
安くてそれなりに耐用年数があるトタンですが、サビに弱いという弱点もあります。トタンの表面の亜鉛メッキが傷つくなどして剥がれてしまうと、そこからサビが発生し、どんどん広範囲に広がります。
劣化具合が著しい場合は、一部の張り替えや塗装ではなく、トタン屋根全体を張り替える「葺き替え」を行う必要がありますが、結論から言うとトタン屋根はDIYで葺き替えを行うことは困難です。

この記事ではその理由と、トタン屋根修理業者を選ぶ際のポイントについてご紹介していきます。

これからトタン屋根の葺き替えをしようかと考えていた方はぜひ記事を参考にしてみてください。

トタン屋根の葺き替えがDIYでは難しい理由

トタン屋根 葺き替え diy

トタン屋根は小さなサビができると、そこからサビが拡大し、放置すればサビが原因になって穴があいてしまうこともあります。このようなトラブルが発生したとき、DIYで直そうと思うことがあるのではないでしょうか。

普段から日曜大工などをしており、自宅に電動工具などがある方はDIYという選択肢を検討するかもしれませんが、加工しやすいと言われているトタン屋根であっても葺き替えは難しくなっています。
そのため、トタン屋根全部を取り替えたいと考えている場合は屋根修理業者に依頼するのがおすすめです。

ここからは、どうしてトタン屋根の葺き替えをDIYで行うのが難しいのか、その理由をご紹介します。

高所作業になるため危険

まず第一に、安全性の問題です。屋根には落下を防止するための柵もないため、事故のリスクは高まります。急な突風が吹いても掴まるところはなく、また、屋根は傾斜があるため不安定です。風のない日でも、バランスを崩してしまうことがあります。
2019年9月には台風15号が猛威を振るいました。中でも大きな被害を受けた千葉県では雨漏りの応急処置や修理のために高所にのぼって作業をした方の少なくとも3人が亡くなり、101人は重軽傷を負っています。
これは単に、屋根修理を行ったことのない、素人の方だからというわけではありません。高所作業について教育を受け、日頃作業を行っている職人さんの場合でも転落事故は起こっています。

厚生労働省によれば、平成26年から平成30年間の間に転落・墜落で亡くなった方の数は680人。専門家でも高所作業は簡単ではないのです。

一般の方が屋根などの高所作業の危険性を正しく把握できていないことが多いのはほとんどの方が高所作業を行ったことがないからですが、怪我をしてしまった方、亡くなった方の多さを考えれば、屋根修理が非常に危険な作業だということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

1階の屋根の場合でも大怪我・死亡の危険

「1階の屋根なら低いから大丈夫」と思うかもしれませんが、雪下ろしで毎年死亡事故が報じられることからもわかるように、非常に危険な作業です。
打ちどころが悪ければ3mほどの高さの1階の屋根から落下しただけでも死亡してしまう可能性もありますし、大怪我をして後遺症が残ってしまうことも考えられます。

不注意から起こる事故もありますが、どんなに注意していても起こる事故もあります。雪下ろしの事故も同様で、シーズンには危険性について注意喚起が行われるにもかかわらず、事故が発生してしまいます。

足場がない

トタン屋根の葺き替えは、まずは今あるトタン屋根をすべて剥がし、防水シートなども剥がして撤去し、張り替えを行う必要があります。
屋根の上で釘を抜いたり、トタン屋根材を剥がすというのは大変な作業です。
このような作業を高所で行うためには足場が必要になりますが、普段からDIYをしているという方も足場をお持ちの方は少ないのではないでしょうか。

足場は不安定で、上記でもご紹介のように、慣れて居ても事故が起こることがあります。それを足場なしに脚立や踏み台で行うのであれば、事故のリスクはさらに高まります。

施工不良のリスクがある

DIYには、施工不良が起こってしまうリスクも考えられます。屋根修理には、技術だけでなく、屋根の状態を適切に保つための施工の知識も求められるからです。
たとえば、屋根には雨水の排出のために適切な隙間が必要ですが、これを「隙間があるから塞がないと雨水が入って雨漏りしてしまう」として塞いでしまうと、雨漏りを悪化させてしまうことがあります。

専門的な技術や知識がない方が施工した場合、失敗してしまう可能性が高いのです。DIYを行ったあとで雨漏りが起これば二度手間になってしまいます。

DIYはあくまで応急処置と考える

どうしても雨漏りをしてしまって困っている場合は、応急処置する程度であれば、DIYでも行うことができます。
ただし、高所作業の危険は変わりません。十分安全に気をつけて、ヘルメットの着用やはしごなどの足場の固定などを万全にしたうえで応急処置を行ってください。

  • ブルーシートで屋根全体を覆う
  • 防水テープで穴をふさぐ
  • コーキング剤を使用して穴を埋める

穴があいている場所がわかっている場合は防水テープやコーキング剤を使って穴を埋めたり、塞いだりすることで応急処置が可能です。

雨漏りの原因がわからない、トタン屋根にできた穴が見つけられないという場合はトタン屋根の全体をブルーシートで覆いましょう。大きなシートを一人で固定するのは大変なため、2人以上で作業をするのがおすすめです。

トタン屋根修理業者を選ぶポイント

トタン屋根 葺き替え diy

ほかの建築資材に比べると遥かに安価なトタンですが、それでも今あるトタン屋根を撤去し、新しい屋根に葺き替えるとなると費用は安くはありません。
納得できる屋根修理を行うためには、屋根修理業者選びが大切です。ここからは選び方のポイントをご紹介します。

施工事例をチェックできる

ホームページなどに施工事例が掲載されていれば、それを見ることで自宅の屋根修理についてもイメージすることができます。
また、ホームページに施工実績を掲載しているということは、自社の仕事に自信を持っていることの表れでもあります。お客様の声などがあれば、そちらもチェックしてみるといいでしょう。

見積り内容は明確か

トタン屋根の葺き替えにおいて重要な見積りは必ずチェックするようにしましょう。詳細が書かれておらず、省略されている場合は注意が必要です。
わかりやすい内容の見積りを出してくれる屋根業者だと安心です。また、見積りについての質問を曖昧な言葉で濁す業者には注意しましょう。

大幅な値引きをしない

最初の見積り金額から大幅な値引きを行う業者の場合、最初の提示額を高くし、そこから値引きすることで安く見せて契約させようとしている可能性があります。
あまりに大幅な値引きであった場合は注意しましょう。

火災保険で0円で修理可能な場合も

トタン屋根 葺き替え diy

マイホームをお持ちの方のほとんどが火災保険に加入していると思いますが、そんな火災保険を使えば費用を抑えて、もしくは0円で屋根を修理できるということはご存知でしたか?
トタン屋根が破損してしまった原因が台風や竜巻、突風などの風災であった場合、火災保険申請を行うことで保険金を受け取れることがあります。
加入している火災保険の契約内容によっても適用されるか、免責金額はどのくらいかなどによって異なりますが、まずは一度確認してみるのがおすすめです。

ただし、トタン屋根の塗装や部分的な交換ではなく、葺き替えが必要という場合はかなり劣化が進んでいると考えられます。風災ではなく経年劣化が原因の破損とみなされた場合は保険は適用されないため注意しましょう。

まとめ

トタン屋根の葺き替えについてご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?DIYによる葺き替えができないことはありませんが、コストを抑えられるというDIYのメリットに対し、デメリットはいくつも存在します。
高所作業は非常に危険なため、信頼できる屋根修理業者を探してトタン屋根の葺き替えを行うのがおすすめです。

ヤネラボでは、ドローンを使った安全な屋根点検を行っています。その場でお客様と一緒に屋根の状態を確認できるので、修理が必要な箇所や、なぜ修理が必要かなど、目で見てはっきりわかります。

損害がなければ調査費はかかりませんので、一度屋根の状態を確かめてみたいという方はまずはお気軽にお問い合わせください。

また、火災保険を使いたいという方のために火災保険の申請サポートや弁護士による保険会社交渉も行っています。屋根点検から見積り、修理までワンストップサービスでご提供しておりますので、なるべく手間をかけずにトタン屋根修理を行いたいという方はヤネラボにお任せください。

この記事をシェアする

おすすめコラム記事